自動積算中やデータ更新中、起動時に「データベースファイルが壊れている可能性があります。データ管理ツールを起動し、△△メニューから単価○○を削除して下さい。削除の後、ダウンロードもしくはCDから、上記単価を更新して下さい。」というメッセージが表示される

回答ボタン

対処方法

  1. Windowsの[スタート]−[すべてのプログラム]−[Gaia10]−[ツール]−[Gaia10データ管理]をクリックします。

  2. データ管理機能一覧の[年度・ブロック・地区の管理]をクリックし、項目一覧の[年度・ブロック・地区の管理]をダブルクリックします。

    *Gaiaのセキュリティを使用している場合は、データ管理の編集権限のあるユーザーで行ってください。
    *Gaia10ネットワーク版の場合は、サーバーにて行ってください。

  3. タブを切り替え、エラー内容と同じ「単価・歩掛・損料・積算体系」の年度データがあるか確認し、該当するデータを選択しツールバーの「削除」をクリックします。

    ◆例1:「地域単価−24三重県−平成28年4月」でエラーが表示された場合
    単価管理画面の[単価年度一覧]タブにて、左側のツリーで「24三重県」の「平成28年4月」を選択しツールバーの「削除」をクリックします。または、「地域単価」の「平成28年4月」で右クリックの「削除」をクリックします。削除を行った後、単価管理の画面を閉じ、データ管理も終了します。

    ◆例2:「歩掛−一般土木−平成29年度の更新処理に失敗しました。」のエラーが表示された場合
    単価管理画面の[歩掛年度一覧]タブにて、左側のツリーで「一般土木」の「平成29年度」を選択しツールバーの「削除」をクリックします。または、「一般土木」の「平成29年度」で右クリックの「削除」をクリックします。

    ◆エラー内容が「損料年度」や「積算体系」の場合は、以下の画面をご確認ください。
  4. 削除完了後、再度、工事名表画面または設計書一覧画面より、ツールバーの「ダウンロード」をクリックし更新を行って下さい。

上記対処方法をお試しいただいても、エラーの改善がされない場合は、お手数ですが、エラーメッセージを表示した状態でサポートセンターまでお問い合わせ下さい。

問題が解決しない場合は、
こちらからお問い合わせください