見積・実行予算作成

『Gaia』シリーズと同様の使いやすさで、簡単に実行予算を作成できます。

『Gaia』で作成した工事データの読込み

積算時の単価項目を予算時の単価項目に変換する設定や、積算時の数量や単価に対して数量率・単価率を設定することができます。その他、日当り施工量当りの代価表への換算や運転単価表の単価項目変換など、『Gaia』で作成した工事データを有効活用しながら、見積・実行予算に適した内容に変換できます。

工事種類ごとに作成したテンプレート(雛型)を利用した見積・予算作成

  • トンネル工事、シールド工事、護岸工事など、工事種類ごとにテンプレートを作成できるので、見積・予算業務の省力化、均一化が図れ、見積・予算の品質向上に繋がります。
  • 直接工事費だけではなく、共通仮設費や現場経費もテンプレート登録の対象になるので、会社標準の分類や区分けから内訳を作成することが可能になり、見積・実行予算作成の省力化と均一化が図れます。
  • 代価表や代価明細、単価表まで登録できるので、工種ごとの自社歩掛を含めたテンプレート登録が可能です。

見積・予算内容の全体確認に適したツリー形式のExcel帳票

  • 内訳書、代価表ごとに改頁されることなく、見積・予算が細目の単価行も含めツリー形式で一覧表示されます。
  • 入札金額検討会議や実行予算検討会議などで、見積・予算の詳細を一覧表で確認しながら、予算検討が行えます。
  • 3種類の見積・予算情報を出力する比較タイプの一覧表で、積算・見積・予算の詳細を左右に比較検討できます。
  • Excelのフィルタ機能を活用して、特定階層までの絞込みや材料費だけの絞込みなど、確認内容に適した表示が行えます。

Excelで作成した実行予算書や見積書を有効活用

Excelで作成した実行予算書や見積書の複数明細をコピー&ペイストの操作で簡単に『BeingBudget』に取り込めます。単位と数量が逆の並びでも自動認識して取り込めるので、Excelの資産を有効活用できます。

地域や対象工事に適した自社単価マスタの活用

自社の要素体系に沿った単価マスタの複数作成機能で、地域や対象工事に適した単価マスタから見積・予算を作成できます。また、単価種類ごとに数量を自動集計する「数量表」機能で、工事全体や工種ごとの主要資機材、労務の数量集計が瞬時に表示されます。単価変更も可能で、金額比重の高い単価種類の単価変更による効率的なシミュレーションが行えます。

お気軽にご相談ください。