ASP型工事情報共有システム- 製品詳細 -

工程共有機能

工程情報を素早く受発注者間で共有できる機能です。工事ごとはもちろん、複数の工事の進捗度合いも一目で確認できます。

複数工事の進捗を一目で把握

お客様が担当されている監督工事が複数ある場合、その複数の工事の進捗度合いを一目で確認できます。

クリティカルパスを自動判断

工事の最適な工程であるクリティカルパスをシステムが自動で判断し表示します。

NETISに登録された信頼のシステム

国土交通省が推進する「NETIS(ネティス):新技術情報提供システム」に登録されたシステムです。(A登録:No.KT-160033-A)

効率的な電子検査

オフライン環境で使用できる、インストール不要な電子検査ツールで、システムで発議・決裁された帳票以外に、パソコンに保存された画像や図面データもプレビューしながら効率的な電子検査業務を実現します。

オフライン環境で使える電子検査ツール

オフライン環境で使用できる、インストール不要な電子検査ツールです。工事情報共有システムの帳票ワークフローで発議・決裁された書類から、パソコンに保存された画像や図面データまで、簡単な操作で表示できます。

工事書類等入出力・保管支援機能

工事情報共有システムに保存した帳票などのデータは自由にダウンロードできます。

豊富な利用実績

国土交通省の各地方整備局発注工事の他、工事情報共有システムを活用している地方公共団体・特殊法人等の発注工事でも、日々活躍しています。

全国で約1,000顧客の利用実績

国土交通省の各地方整備局発注工事の他、工事情報共有システムを活用している地方公共団体・特殊法人等の発注工事でも、日々利用されています。

国土交通省「情報共有システム機能要件Rev.4.0」完全対応+当社独自機能

国土交通省が定める「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件Rev4.0」に完全対応しています。また、その要件には含まれていない当社独自機能も盛り込み、見やすく管理しやすいインターフェイスによって、初めてシステムをご利用になるお客様でも簡単にシステムをご利用いただけます。

当社独自機能例1:決裁参考資料設定

発注者内のみで決裁資料を回付したい場合など、資料を参照できるユーザーを設定した上で、発議・決裁できる機能です。

当社独自機能例2:位置情報付き画像投稿掲示板機能

GPS付き携帯電話から指定アドレスに写真添付メールを送信することで、位置情報付きの写真を掲載できます。現場の状況を瞬時に画像で共有することができます。

24時間365日態勢のサーバー監視

当社は、情報セキュリティマネジメント JISQ27001:2014(ISO/IEC27001:2013)ISMSを取得しています。障害の死活監視だけでなく、お客様に常時快適にシステムをご利用いただける品質を維持する観点から設定したサービス基準が満たされているか、24時間365日サーバー監視を行っています。

不正アクセス対策

不正アクセス対策は、社外からの攻撃と、社内からの不正な行為に対して実施しています。

社外からの攻撃への対策

  • ファイアーウォールの配備
  • メンテナンスは、特定のネットワークアドレスからのみ実施
  • ウイルス対策
    • Webサーバー、ファイルサーバー、DBサーバーの全てにウイルス対策ソフトウェアを導入(トレンドマイクロ社ServerProtect)
    • 定義ファイル更新は1時間おきに実施
    • システムへのファイルアップロード時にウイルスチェックを実施(利用者に共有されないしくみ)

社内からの不正な行為への対策

  • システムパスワードを四半期ごとに変更
  • パスワード保管は運用管理者のみ
  • 社内規定に基づき、不要なプログラムのインストール禁止

お気軽にご相談ください。