ごあいさつ

ソフトウェア・サービスの力で社会を豊かに

はじめに、この度の新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。
また、事態収束に向けご尽力いただいております皆様に深く御礼申し上げます。

激しく移り変わる現代社会には無限の可能性が広がる一方で、企業にはこれまで以上の発想の転換や行動のスピード感、そして組織としての成長が求められています。
そのような状況の中で私達は、ソフトウェア・サービスの活用による生産性向上で創出される時間やコストなどの余力を、さらなる研究開発や課題解決、そして人材育成に注ぐことで、社会はさらに豊かに、より良いかたちに進化できると考えています。
この考えから、「作りやすいものより、使いやすいものを」をモットーに、ビーイングは1984年の創業以来、業務用ソフトウェアの開発・販売を通じて、建設業界の業務支援やプロジェクトマネジメントによる経営改善に取り組んでまいりました。

私達の活動の根底には、企業理念である「感謝・感恩・報恩」の想いが息づいています。
個々の人間活動においても、人は決して自分だけの力で生きていくことはできず、周囲の多くの人の力があってはじめて生活が成り立ちます。
当たり前のことではありますが、そのありがたさに気づき、受け止め、喜びと感謝の気持ちを持ち続けること。そして自分にできることや、誰かと知恵や力を合わせてできることを通じて、自分自身も誰かのためになること。これらを繰り返すことで、私達は多くの人を幸せにでき、より良い世の中になると考えています。
この信念に基づき、ビーイングは全ての事業活動を「報恩」であるとし、「人を幸せにすること」を企業使命としています。

非常に困難な状況が続く今だからこそ、これまで培ったノウハウや技術力を結集し、世の中の企業活動を促進することが、何にも勝る報恩であると信じています。
あらためて私達の生活を支えるすべてに感謝し、ソフトウェア・サービスを通じて人々を幸せにするために、変化し続ける社会に対し、新たな挑戦と成長を続けてまいります。
何卒変わらぬご指導とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 津田 誠

企業活動や IR に関するご質問など、
お気軽にお問い合わせください。