国交省の「総価契約単価合意方式」の計算を行うにはどうしたらよいでしょうか?

回答ボタン

Gaia9では「総価契約単価合意方式実施要領の解説」(平成23年9月14日改正)を参考に設計変更時の算出ができます。

『単価個別合意方式』と『単価包括合意方式』の2種類あります。

『単価個別合意方式』は、工事数量総括表を基本とし、直接工事費、共通仮設費(積み上げ分)、共通仮設費(率分)、現場管理費及び一般管理費の単価について個別に合意比率を設定します。

『単価包括合意方式』は、工事数量総括表に記載の項目について、当初契約の予定価格(変更契約の場合は官積算額)に対する請負金額の比率に基づき合意比率を設定します。

詳しい手順は「合意単価表」マニュアルをご確認ください。

問題が解決しない場合は、
こちらからお問い合わせください