手順

  1. 「本工事費内訳書」画面にて、ツールバーの[経費]アイコンをクリックします。
  2. 確認画面で「付箋が付けられている表があります。」と表示される場合は、直接工事費の中に付箋が付いている表や行があります。付箋一覧を開き、確認して下さい。確認後、再度経費計算を行います。
  3. 「再積上げの処理選択」画面が表示されましたら、設定を確認し[OK]をクリックします。
  4. 「経費ナビゲータ」が起動します。「経費区分」と「年度」を選択し[間接費作成]をクリックします。
  5. 「積上費目選択」で、積上げたい費目のボタンをクリックすると内訳書が表示されますので、必要に応じて積上げを行ってください([積算]アイコンをクリックすると、関係のある工種を自動的に検索します)。
    積上げが完了したら、[経費ナビに戻る]をクリックし、[経費計算へ]をクリックします。
  6. 「条件の選択」画面が開きますので、経費計算の条件を選択し[OK]をクリックします。
  7. 「経費ナビゲータ」の[経費計算]ステップで、ツールバーの[ユニット諸経費]をクリックします。
  8. ユニットごとの経費率が確認できます。 ユニットごとに異なる経費率を設定する場合は、共通仮設費・現場管理費率を直接入力し、訂正してください。
  9. 「ユニットプライス諸経費設定」画面にて、ツールバーの[経費率設定]をクリックすると、直接工事費ユニット、間接工事費ユニットの経費率を一括で入力することができます。
    ※[経費計算]の「経費再計算」をクリックして、「条件の選択」画面で、「ユニットプライス工事区分」をクリックしても率を訂正できます。
  10. 編集後、ツールバーの[反映]をクリックします。計算結果を確認後、よろしければ[この経費に決定]をクリックし、内容を確認して[工事に書き込み、経費ナビゲータを終了する]をクリックします。

contact-faq