設計変更の表示方法が「比較表示」になっていると、変更データを持たないもの(設計変更がなく、設計側と数量等が全く同じもの)は表示されません。

理由は、変更箇所のみをすぐ確認できるようにするためであり、表示されなくても、データは入っています。

手順

  1. 工事内にてメニューバーの[オプション]−[工事別環境設定]をクリックし、「工事別環境設定」画面を開きます。

  2. 「発注者に関する設定」ツリーの「画面表示1」をクリックします。

  3. 画面右に表示された「設計変更表示方法」の[▼]で、「比較表示」から「無条件表示」に変更します。

  4. 全ての設定が終わりましたら「工事別環境設定」画面を[保存]をクリックします。
  5. 「再積上げの処理選択」画面が表示されますので、[キャンセル]をクリックします。

contact-faq