間接費の率計算をする際の共通仮設費などの対象額に関連します。

※経費の条件の選択画面で処分費の扱いを選択することができます。「基準どおり」「処分費を全額控除」「処分費計算しない」の3パターンです。

「基準どおり」を選択した場合

処分費が「共通仮設費対象額(P)+準備費に含まれる処分費」に占める割合が3%以下で、かつ処分費が3千万円以下の場合は全額が率計算の対象となります。

処分費が「共通仮設費対象額(P)+準備費に含まれる処分費」の3%を超える場合、または3千万を超える場合は、処分費が「共通仮設費対象額(P)+準備費に含まれる処分費」に占める割合の3%とし、3%を超える金額は率計算の対象としません。ただし、対象となる金額は3千万円を上限とします。

  • 共通仮設費対象額 =直接工事費−(処分費−「共通仮設費対象額(P)*0.03)
※準備費に含まれる処分費がある場合
直接工事費−{処分費−「共通仮設費対象額(P)+準備費に含まれる処分費」*0.03}=共通仮設費対象額

「処分費を全額控除」を選択した場合

直接工事費から、処分費の全額を控除した金額が共通仮設費対象額となります。

  • 共通仮設費対象額 =直接工事費−処分費

「処分費計算しない」を選択した場合

処分費に金額が計上されていても、経費計算には全く影響がありません。

  • 共通仮設費対象額 =直接工事費

contact-faq