直工に経費対象外にしたい金額が計上されている場合

間接工事費の対象を指定する

  1. 本工事内訳書の画面で、対象を設定したい行を選択し、右クリック−[間接工事費の対象]をクリックします。

  2. 「間接費工事費の対象を指定する」にチェックを付け、各経費の項目にて対象とする場合は [○]、対象としない場合は[×]に変更します。「イメージアップ経費」だけを設定変更することもできます。

※経費対象外の金額として計上したい場合は、「共通仮設費」 「現場管理費」「一般管理費」「イメージアップ経費」の全てを[×]に変更します。

項目を指定する

  1. 本工事内訳書画面で、対象を設定したい行を選択し、右クリック−[間接工事費の対象]をクリックします。
  2. 「項目を指定する」にチェックを付け、間接工事費の対象額を自動で計算したい項目を選択します。

経費対象外の金額を直工に計上しない場合

  1. 本工事内訳書の画面で、ツールバーの[経費]をクリックします。
  2. 「再積上げの処理選択」画面が表示されましたら、設定を確認し[OK]をクリックします。

    間接費が未作成の場合

    経費区分・年度を選択して[間接費作成]をクリックします。

    すでに間接費を作成している場合

    経費ナビゲータ画面が開きますので、画面左のナビゲーションの[積上費目の入力]をクリックします。

  3. 「積上費目選択」画面が表示されますので、[諸経費対象外] をクリックします。諸経費対象外の内訳書が開きますので、その中に経費対象外の金額を計上していただき、[経費ナビに戻る]をクリックしてください。

  4. [経費計算/逆計算]をクリックします。間接費の作成が未作成だった場合は、経費の条件を選択して[OK]をクリックしてください。
  5. ツールバーの[この経費に決定]をクリックし、[工事に書き込み、経費ナビゲータを終了する]をクリックしてください。書き込み後、必要に応じて「諸経費対象外」行の名称欄をダブルクリックし、項目名を変更してください。

contact-faq