BeingCabinetを使用する場合

  1. 工事名表画面でメニューバー[ツール]−[BeingCabinet]‐[更新データをBeingCabinetに保存]をクリックします。

  2. [更新データの保存画面]でその他データの「マスタ」に発注者の情報が入っています。チェックを入れて「保存を実行」をクリックします。※「マスタ」データに発注者の情報が入っています。

  3. 他のクライアントにて工事名表画面の[最新データ]アイコンをクリックします。「その他データ」の「マスタ」をチェックを付けて「更新を実行」をすれば、発注者が入ります。

    ※ご注意 発注者以外のデータ管理のマスタ登録から登録したデータも全て上書きされますのでご注意ください。

BeingCabinetを使用しない場合

  1. 工事名表画面で[ツール]−[発注者マスタ登録]をクリックします。

  2. [発注者登録]画面で[ツール]−[保存]から保存したい発注者にチェックを付けて、「次へ」をクリックします。任意の場所に保存します。

  3. 保存した発注者を他パソコンへ読み込むには、工事名表画面で[ツール]−[発注者マスタ登録]をクリックします。[ツール]−[読込]から保存したファイルを指定して読み込むことができます。

    ※同じ名前の発注者が存在した場合は上書きになりますのでご注意ください。
    ※「読込をする発注者登録を選択して下さい」画面にてフォルダ部分にもチェックを入れると、そのフォルダ内に読み込まれます(フォルダにチェックを入れていないと国交省サンプル等の下に読み込まれます)。

contact-faq