お知らせ機能を使用すると、お客様のデータとビーイング提供の最新のダウンロードデータとで差分がある際、以下のメッセージを表示させることができます。

※画像はGaiaRXのものですが、操作手順はGaia9も同様です。

工事一覧又は設計書一覧画面の[サポート]-[ダウンロード]-[ID設定]のIDより、購入しているデータ(地域単価、市販単価、整備局単価、通常の歩掛変更、参考単価、マスタ等)とシステムで、現在インストールされている状態と最新のダウンロードデータとの差分チェックをして、差分があればメッセージが表示されます。初期設定では「お知らせ機能」はOFFになります。

お知らせ機能を有効にする手順

  1. 工事一覧又は設計書一覧画面で、メニューバーの[サポート]-[ダウンロード]-[スケジュール設定]をクリックします。
  2. 「起動時にダウンロードサーバーの確認を行う」にチェックをいれて、「確認のタイミング」を選択します。毎起動時、または毎日毎週毎月の初回起動時にダウンロードの更新を確認します。

    ※設定後に再起動した日(チェック機能が動作した日)から一週間、一ヶ月といった期間になります。
    ※代理店等が作成しているデータは、ダウンロードで配信されないため、お知らせ機能の対象にはなりません。

contact-faq