原因

BeingCabinetと正常に通信が出来ない場合に発生します。

対処法1

「セキュリティ対策ソフト」の設定について確認します

※BeingCabinetがインストールされているパソコンと、GaiaRXがインストールされているパソコンで確認します。

セキュリティ対策ソフトを起動し、ファイアウォール機能のプログラム制御機能等で、「GaiaRX」が遮断されていないか確認してください。

また、セキュリティ対策ソフトのファイアウォール機能を終了すると、回避できた事例があります。

※ファイアウォールの設定を終了すると、セキュリティレベルが下がりますので、システム管理者の方にも確認し対処をお願いします。

※具体的な操作方法は、各ソフトのマニュアルまたは以下の手順書をご確認下さい。

※なお、掲載している対処方法につきましては、エラーを回避することができた手順の一例として記載させて頂いております。お客様の環境によっては、回避することができない場合もございます。設定を変更したことによる不具合につきましては、当社では責任を負いかねます。

対処法2

「サービス」の状態を確認します。

※BeingCabinetがインストールされているパソコンで確認します。

  1. Windowsの[スタート]−[コントロールパネル]−[管理ツール]−[サービス]をクリックします。
  2. サービス画面で以下のサービスが、「停止」になってる場合は、右クリックで「開始」を実行して下さい。

    「PostgreSQL Database Server 8.1 もしくは 8.3」
    「Apache2ForBeingCabinet」
    「BCService」

■上記を開始にしても、パソコンを再起動する度にサービスが停止する場合サービスの「PostgreSQL Database Server 8.1 」をダブルクリックし、「回復」タブから「最初のエラー」「次のエラー」「その後のエラー」の項目を「何もしない」から「サービスを再起動する」に変更して「OK」をクリックして下さい。

対処法3

インストール時に「BeingCabinetサーバーの設定」画面で入力したBeingCabinetの「サーバー名」または「ポート番号」が正しくない場合に発生します。

【注意】Cabinetライセンスを使用する場合は、GaiaRXより先にBeingCabinetをインストールして下さい。

BeingCabinetのサーバー名確認方法
※BeingCabinetがインストールされているパソコンで確認します。
  1. Windowsの[スタート]−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]を起動します。
  2. 「ipconfig(半角スペース)/all」と入力します。一番上に表示される「Host Name」がコンピュータ名で、「IP Address」がIPアドレスになります。
BeingCabinetのポート番号確認方法
※BeingCabinetがインストールされているパソコンで確認します。
  1. エクスプローラで、BeingCabinetがインストールされているフォルダにある、設定ファイルを開きます。
    ※初期設定でのインストール先は「C:¥Program Files¥Being¥BeingCabinet¥Apache2¥conf」です。
  2. 「httpd.conf」ファイルをダブルクリックします。

    ※ファイルを開けない場合は、「一覧からプログラムを選択する」にチェックを付けて[OK]をクリックします。「Notepad」を選択して、[OK]をクリックします。

  3. 「httpd.conf」ファイルが開くので、ポート番号が書かれている場所を検索します。検索ダイアログを開き、すべて半角で「BeingCabinet(Listen)」と入力します。

  4. 検索して見つかった行の次の行に書かれている数字がポート番号になりますので、この番号をメモに控えてください。

BeingCabinetの再設定方法
※GaiaRXがインストールされているパソコンで確認します。

詳細手順はこちらをご覧下さい。

対処法4

LANにネットワーク接続できていない可能性があります。

※GaiaRXがインストールされているパソコンで確認を行います。

  1. Windowsのスタート−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]を起動します。
  2. 「Ping(半角スペース)[BeingCabinetのコンピュータ名]」を入力し、Enterキーで確定して、Cabinetがインストールされたパソコンに接続できるか確認して下さい。

    Ping request could not find host sys205. Please check the name and try again.

    上記メッセージが表示された場合は、入力した名称のコンピュータと接続できていないことを示します。サーバーの名称・ネットワーク環境をご確認下さい。

Pinging sys2005[192.168.2.90] with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.2.90: bytes=32 time=1ms TTL=128
Reply from 192.168.2.90: bytes=32 time=1ms TTL=128
Reply from 192.168.2.90: bytes=32 time=1ms TTL=128
Reply from 192.168.2.90: bytes=32 time=1ms TTL=128
Ping statistics for 192.168.2.90:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms

上記のメッセージが表示された場合、サーバーと通信自体はできています。

対処法5

Windowsファイアウォールが有効になっていることで、BeingCabinetで使用しているポートが制限されている可能性があります。

※BeingCabinetがインストールされているパソコンで確認します。

  1. Windowsのスタート−[コントロールパネル]の「Windowsファイアウォール」をクリックします。
  2. 「例外」タブをクリックし、「ポートの追加」でBeingCabinetが使用しているポート番号と名称を設定して下さい。BeingCabinetのポートと分かる名称であれば結構です(ポート番号の例:80、8080、8008)。

上記対処方法をお試しいただいても、エラーが改善されない場合は、お手数ですがエラーメッセージを表示した状態でサポートセンターまでお問い合わせ下さい。操作手順などが不明な場合のご相談も受け付けております。
フリーコール:0120-24-9801(9:00~18:00) メール:support@beingcorp.co.jp

contact-faq