積雪寒冷地の冬期施工の場合、施工時期や工事期間等を考慮して、現場管理費率標準値を2%の範囲内で補正することができます。

※ただし、緊急工事施工と重複する場合は両方合わせて最高2%となります。

積雪寒冷地域の範囲

人事院規則に規定される寒冷地手当を支給する地域です。ただし、コンクリートダム、フィルダムの現場管理費率を適用する工事には適用されません。GaiaRXで該当する地域を確認するには、 経費ナビの「条件の選択」画面で「施工時期(冬期)補正」から「冬期補正の選択」画面にある「係数情報:国家公務員の寒冷地手当に関する法律」をクリックすると、解説のHPが開きます。こちらをクリックすると同じ画面が開きます。

積雪寒冷地の施工期間

「21年度 土木工事積算基準マニュアル」(発行:一般財団法人 建設物価調査会)99Pに記載されております。

  • 11月1日〜3月31日(北海道・青森県・秋田県)※積雪地特性を11月中の降雪が5日以上ある事
  • 12月1日〜3月31日(上記以外の地域)

その他

土地改良の経費でも冬期補正が選択できますが、土地改良の資料には記載がございません。 国土交通省の資料を参考にしています。

contact-faq