<手順>

  1. 工事名表で工事名を選択し、「総括表」をクリックしてください。「工事作成」画面が表示されます。

  2. 画面左の「発注者・年度・地区」を選択し、画面右の「手動で年度・地区を選択する」をクリックします。
    「年度の設定画面」が開きますので、年度や地区を設定してください。


  3. 設定が完了したら「OK」をクリックし、「保存して閉じる」をクリックして
    工事名表画面に戻ります。


  4. 「当設計書を開くときに、 単価金額を一括で更新することができます。更新を行いますか?」という
    メッセージが表示されますので「更新する」にチェックをつけ
    「この設定を保存」をクリックしてください。



    工事の中に入ると「再積上げを行います。」というメッセージが表示されますので
    「はい」をクリックしてください。


    ●単価年度を切り替えた場合、直接工事費の金額が変わりますので
     経費の再計算を行う必要があります。
     詳しい操作手順はこちらで御確認下さい。