※画像はGaiaRXのものですが、操作手順はGaia9も同様です。

これから積算する場合

  1. 工事を開き、ツールバーの「自動積算の労務費」の[▼]をクリックすると
    「標準金額/夜間/深夜/昼夜連続/予備1〜6」と表示されます。
    これらの中から該当するものを選択します
    (使用している地域によって、選択項目は異なります)。

  2. 新規に自動積算を行うと、労務単価が手順「1」で指定したもので計上されています。

※設定変更後、新規に自動積算する表に対して有効です。

すでに積算済みの表を変更する場合

  1. 工事ツリーにて変更したい表を選択し、右クリック−[金額欄切替]をクリックします。

    工事全体の労務を一括で切替える場合は、
    工事ツリーの工事名を右クリック−[金額欄切替]をクリックします。

  2. 「金額欄切替」画面が表示されます。

    標準金額から深夜に切り替える場合は、
    画面下にある「切替え先になる金額欄を選択して下さい。」と
    表示されている金額欄にて、[▼]をクリックして「深夜」にします。
    次に、画面上の 「対象となる金額欄」にて「標準金額」に
    チェックを付けます。
    設定が完了しましたら、画面右下の「実行」をクリックします。

※工事ツリーが表示されていない場合は、
 メニューバーの[表示]−[ツリー表示]をクリックすると工事ツリーが表示されます。

【ご注意】

上記手順は、設計書の総括表の「各種補正」ナビで「夜間労務割増賃金」が
[労務単価の標準金額に一律割増を行う]場合です。
「夜間労務割増賃金」で[作業時刻を入力して計算により求める]場合は
設定時刻による割増賃金が自動的に計上されます。

contact-faq