工事内に「施工パッケージ表」が1つでも含まれている設計書では、経費逆計算の「調整方法」にて「直接工事費を要素で調整」を選択することができません。

施工パッケージの工種を計上している場合は、「直接工事費を工種で調整」もしくは「間接費だけで調整する」のいずれかで調整を行なって下さい。
*また、最低制限価格/調査基準価格シミュレーションについても同様です。

施工パッケージ・制限事項・注意事項(P7/11)にありますが、「施工パッケージ表」の金額は、すべて諸雑費に設定されている要素と同じ要素で集計されるために、要素別按分ができません。
*積み上げ方式で積算した場合は、要素別按分が選択できます。

contact-faq