市場単価は、材料や労務数量が含まれた単価ですので、本来は数量を拾い出すことはできません。

「参考歩掛」を実行することで、市場単価になる前の旧工種で材料や労務数量を算出できますが、古い歩掛の数値ですので、あくまでも参考数値としてご利用ください。

手順

  1. 市場単価で積算した代価表を開くと、上下2段の画面表示になり、「市場単価」タブと「参考歩掛」のタブが表示されます。
  2. 「参考歩掛」タブを開き、当り単位の左にある[参考歩掛を表示]をクリックすると、歩掛一覧に市場単価になる前の旧工種が表示されます。

    参考としたい工種をクリックし、自動積算を開始します。

    ※旧工種がGaiaで登録されていない場合は、[参考歩掛未登録]という表示になります。この場合、参考歩掛を実行することが出来ないので、数量表は「市場単価」にて拾い出してください。

  3. 参考歩掛が積算されましたら、[上へ]をクリックして「本工事費内訳書」画面に戻り、ツールバーの[数量表]アイコンをクリックし、[参考歩掛]で数量拾い出しを行ってください。
    数量表の操作手順についてはこちらをご参照ください。

contact-faq