歩掛で指定してある燃料単価や電力単価を
「地域単価」「整備局単価」「市販単価」のうち
どの単価を使用するか、発注者ごとに設定ができます。
自動積算を行うと、設定されている単価に
置き換えて計上されます。

(例)通常、軽油は「小型ローリー・パトロール給油」で計上されますが、市販単価の「ローリー」に
   変更する場合をご説明します。

手順

  1. 総括表の[発注者・年度・地区]の設定画面にて、「使用する年度・地区」を設定後
    [積算で使用する単価を指定する]をクリックします。
    ※参考単価しか設定されていない場合、単価の個別指定はできません。

  2. 「単価の個別指定」画面が表示されます。
    ※指定されている年度から単価を選択できます(他の年度の単価は指定できません)。
    ※歩掛で指定された単価に対して、自動積算で使用する単価を個別に指定できます。

  3. 「行追加」をクリックすると、「単価(Being 参考単価)」画面が表示されます。
    「資材単価」-「油類・火薬」-「軽油」-「小型ローリー・パトロール給油」を選択し、ダブルクリックします。

  4. 「歩掛で指定された単価」に「軽油 ドラム」が入ります。次に、「積算で使用する単価」の
    「未設定」をダブルクリックします。

  5. 「単価」画面にて、計上したい単価(市販単価のローリー)を選択し
    ダブルクリックし単価を指定します。
    ※ 軽油以外にも指定したい単価がございましたら
    手順3、4、5の「行追加」の作業を繰り返してください。

  6. 終わりましたら、「保存して閉じる」をクリックし、 総括表画面も「保存して閉じる」をクリックします。

  7. すべての設定が終わりましたら、総括表画面は「保存して閉じる」をクリックします。

ご注意

  • 既に積算済みの表がある場合は、代価表を再実行する必要があります。
    軽油等の燃料の場合は、「運転費」を「新規」で作り直してください。

    (例)バックホウ 地山の掘削積み込み(1号代価表)
       ∟バックホウ 運転費(1号単価表)

    上記例の場合、1号代価表を開いて「再実行」し、質問内容の「バックホウ運転費」をクリックして下さい。
    次に「新規」をダブルクリックして、運転費を「新規作成」します。
    (※ 再実行の操作については「自動積算で選択した条件を変更したい 」を参照してください)

  • 「発注者登録」で指定した「積算で使用する単価」が、現在設定している単価年度に存在しない場合
    自動積算で使用する単価は(未設定)の状態になります。
  • (未設定)が存在しても、そのまま保存したり設計書を作成することはできます。
  • 自動積算で、(未設定)の行の単価は差し替えされません。

contact-faq