別のパソコンの工事データを読み込んだり
パソコンを購入してソフトを再インストールした等で
設計書で使用しているデータがお使いのパソコンに
入っていない場合に表示されます。

※新規インストール直後等で、ダウンロードからのデータ更新を行っていない場合は
 まず、データの更新作業を行って下さい。
 データ更新手順:「最新のシステム・データをダウンロードしたい
 必要なデータがインストールされた場合はこのメッセージは表示されなくなります。

  1. [読取専用で集計表を開く]
    工事の内容を確認し、印刷する場合に選択(編集する事は出来ません。

  2. [総括表を開く]
    総括表で年度や地区を再設定する場合に選択(編集可能となります。

  3. [複写してから総括表を開く]
    設計書を複写してから、年度や地区を再設定する場合に選択(編集可能となります。

※工事の編集を行う場合は、(2)(3)を選択して頂き総括表で年度や
  地区の再設定が必要になります。
※下記、画像の赤色になっているデータをダウンロードして頂くと
  そのまま設計書を開いて頂く事が可能です。

[総括表を開く]場合の操作

  1. 画面左の「発注者・年度・地区」のボタンをクリックします。

    「使用する単価、地区の確認」の一部が赤色になっています
    お使いのパソコンにないデータです。)

    例)整備局単価と市販単価

  2. 画面右の「手動で年度・地区を選択する」のボタンをクリックします。

  3. 「年度の設定画面」が開きますので、赤い文字で表記されている
    単価や歩掛の年度や地区を設定してください。

  4. 設定が完了したら「OK」をクリックし、「保存して閉じる」をクリックして
    工事名表画面に戻ります。

    単価年度・地区を変更した場合、「当設計書を開くときに
    単価金額を一括で更新することができます。

    更新を行いますか?」というメッセージが表示されますので
    「更新する」「更新しない」どちらかを選択して
    「この設定を保存」をクリックしてください。



    「更新する」
    総括表で変更した単価データに更新する事が出来ます
    その後の編集も総括表の年度地区を使用します。

    「更新しない」
    読み込んだ工事データの単価のまま編集状態で工事が開きます。
    ただし、その後の編集は、総括表で変更した年度、地区を使っての編集となります。

contact-faq