確認の方法

  1. 本工事費内訳書にて、ツールバーの[数量表]をクリックします。
    ※画像はGaiaRXのものですが、操作手順はGaia9も同様です。

  2. 市場単価で積算した場合は、「数量拾い出し方法の選択」画面が表示されます。
    [市場単価]と[参考歩掛]のどちらかを選択して下さい。

    ※参考歩掛とは、市場単価になる前の旧歩掛です。材料費や労務費等、数量を分けて拾い出す事ができます。旧歩掛がない工種は、参考歩掛が登録されておりません。

  3. 「数量表」画面の左側の内訳ツリーにて「全業者」や「直接工事費」など、拾い出したい階層をクリックします。

  4. 画面の右側に、手順「3」で指定した階層の各単価の数量集計が「数量明細」として表示されます。各タブの中をご確認下さい。

材料のみ印刷したい場合

  1. 「数量明細」で材料費タブを開いている状態で、ツールバーの[印刷]をクリックします。

  2. 「数量表印刷」画面が開きます。画面左下の「印刷対象」で「単表印刷」と「数量明細」にチェックを付け、「数量内訳」のチェックを外します。

  3. [プレビュー]で印刷イメージをご確認いただき、よろしければ[印刷]を実行してください。

外注業者を設定し、業者ごとに拾い出す方法

  1. Windowsの[スタート]−[プログラム]−[Gaia9]−[ツール]−[Gaia9データ管理]を起動します。
  2. データ管理機能一覧にて「データを登録」をクリックし、項目一覧にて「マスタ登録」をダブルクリックします。
  3. 「マスタ登録」画面にて左側のマスタ一覧の「業者マスタ」をクリックし、ツールバーの[新規作成]から業者を追加します。
  4. 「マスタ登録」画面をツールバーの[閉じる]アイコンで終了し、「データ管理」画面も[閉じる]アイコンで終了します。
  5. 「積算」を起動し、工事内にて代価表等の要素欄をダブルクリックし、[外注費]−[追加した業者名]をクリックして設定します。
  6. 上記手順「1」と「2」にて「数量表」画面を開きますと、内訳ツリーにて「自社施工」「追加した業者名」といった形で拾い出されます。

contact-faq