お知らせ機能を使用すると、お客様のデータとビーイング提供の最新のダウンロードデータで差分がある際、メッセージを表示させることができます。 また、「お知らせ」や「地域情報」などの内容を確認する事もできます。

 

<方法1>

  1. 「工事名表」または「本工事費内訳書」画面を開きます。
    ツールバーの「新着情報]をクリックします。




  2. 画面左にある「配信情報」で、確認したい項目をクリックします。

    例えば、「お知らせ」をクリックすると、画面右にタイトルが表示され、タイトルをクリックすると
    詳細内容を確認する事が出来ます。







 

<方法2>

「工事名表」の[サポート]-[ダウンロード]-[ID設定]のIDより
購入しているデータ(地域単価、市販単価、整備局単価、通常の歩掛変更、参考単価、マスタ等)と
システムで、現在インストールされている状態と最新のダウンロードデータとの差分チェックをして
差分があればメッセージが表示されます。

   


初期設定では「お知らせ機能」はOFFです。
下記の設定で有効にすることができます。
  1. 工事一覧又は設計書一覧画面で、メニューバーの[サポート]-[ダウンロード]-[スケジュール設定]をクリックします。



  2. 「起動時にダウンロードサーバーの確認を行う」にチェックをいれて、「確認のタイミング」を選択します。
    毎起動時、または毎日毎週毎月の初回起動時にダウンロードの更新を確認します。
    ※設定後に再起動した日(チェック機能が動作した日)から一週間、一ヶ月といった期間になります。
    ※代理店等が作成しているデータは、ダウンロードで配信されないため、お知らせ機能の対象にはなりません。







contact-faq